So-net無料ブログ作成
アニメ ブログトップ

最近観たアニメの感想 [アニメ]

最近観た放送中のアニメの中で気になった作品をピックアップしたいと思います。
*************************************
『ヤマノススメ セカンドシーズン』2014年7月9日 ~ 12月24日放送【製作:エイトビット】
#17「たかいところって、平気?」
監督:山本裕介
脚本:ふでやすかずゆき
絵コンテ:山本裕介、長井春樹
演出:間島崇寛
作画監督:江畑 諒真(えばた りょうま)

本放送自体は既に終わっているので、再放送って事になりますが、内容が良かったですね。特に動きの部分は、相当手の込んだ事をしていて、動かす事を楽しんで作画されていると感じます。
アニメって、レベルの高い事をすればするほど、一般の人からは普通に見えるんですよね。この作品自体、全体的な平均点が高い作品で、この話数に限らずどの話数もお勧めできます。
*************************************

*************************************
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』【製作:京都アニメーション】
#4「君は道具ではなく、その名が似合う人になるんだ」
監督:石立 太一(いしだて たいち)
脚本:吉田玲子
絵コンテ:武本康弘
演出:澤真平
作画監督:角田有希

監督の石立 太一さん、絵コンテの武本康弘さんは、アニメーター上がりの方なので、作品自体もかなり映像を重視した作りが伺えます。作画や出来に関しては、言わずと知れたレベルなので横に置いておきまして、小説原作の持ち味も生かした脚本の絶妙なテクニックが吉田玲子さんらしい作りだと感じました。

サブタイトルがラストに活字として表現。それが、セリフの一部になっている。多分、サブタイトルと気付かない方が多いのではないでしょうか?話数出ないしね。
しかも、言葉の選び方は、正に小説原作らしく、考え抜かれた文言で、ある意味『詩的』な一文です。

この話数は、登場人物の「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」と「アイリス・ナナリー」が花言葉として個性をダブらせた表現になっている(バイオレット(スミレ):「謙虚」「誠実」「小さな幸せ」/アイリス(アヤメ):「恋のメッセージ」「吉報」「メッセージ」)
しかも、物語の展開も花言葉に合わせた作りで、素晴らしい脚本です。

「アイリス・ナナリー」が自分の故郷に戻って、駅に到着したシーンと帰って行くシーンをあえて重複させたシチュエーションにして、故郷に戻った心境と、帰る時の心境の違いを見せるテクニックは計算されていましたね。原作は読んでいないので、どういう違いになっているか判らないのですが、脚本家、吉田玲子さんはキャラクターの設定をうまく物語に反映させて掘り下げるのが上手な方だなと、改めて感じました。

主人公が文字を書く仕事という部分は、作家や脚本家の実生活に近い感覚じゃないでしょうか?そういえば『R.O.D』は、脚本家、倉田英之が原作で主人公は小説作家でしたね。小説家の苦悩と、SF的な物語を上手く絡めた作品になっていました。

この作品の主人公の行動を観ていると、『ココロ図書館』11話の「ジョルディの日記」に出てきた、女性型の軍用情報型ドロイドを連想してしまいました。
*************************************

と、いう事で大まかに感想など書いてみました。
タグ:アニメ 感想
nice!(1)  コメント(0) 

レイアウト集 [アニメ]

お恥ずかしながら、お正月にやっとスタジオジブリ製作の『ハウルの動く城』を観ました。
長らく観なかった理由は色々あるのですが、観た方の評価が分かれる作品だという事が、何となく観るのをためらわせてしまっていました。同じ理由で『思い出のマーニー』も観ていないのです。
こちらも近日中に観ます。っていうか、この後観るつもりです。

『ハウルの動く城』の作画はレベルが高かったという事もあり、「スタジオジブリ・レイアウト展」の図録(レイアウト集)をネットで購入しました。2017年4月の16刷目で、2017年12月~2018年3月福井県立美術館までの開催美術館表記がありました。
前々から欲しいなと思っていて、それほど高額な物でもなかったので、今回購入という事になりました。ページ数が多くて、かなり重いですよ~ヽ(*´∀`)ノ
IMG_20180105_185733.jpg

作品としては『風の谷のナウシカ』から『思い出のマーニー』までと『アルプスの少女ハイジ』から『名探偵ホームズ』までの関連TVシリーズ。『ルパン三世 カリオストロの城』のレイアウトが掲載されています。

ちなみに自分が持っている「宮崎駿・大塚康生の世界」(昭和57年12月20日初版)では、オリジナル絵物語『妹へ』『太陽の王子ホルスの大冒険』『長靴をはいた猫』『パンダコパンダ』など、「スタジオジブリ・レイアウト展」に収録されていない絵コンテ、設定、イメージボードなどの資料が掲載されてます。
IMG_20180105_185652.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

ロクアカ3巻 [アニメ]

作画監督を担当した「ロクでなし魔術講師とアカシックレコード」のBlu-ray Disc3巻のサンプルを頂いきました。ありがとうございました。
ロクアカ_bd3_1.jpg
ロクアカ_bd3_2.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

ソフト届きました! [アニメ]

早くもAmazonで予約していた「君の名は。」のソフトが届きました。
「君の名は。」DVD&Blu-ray.jpg
打ち上げの時に当たったAmazon商品券を使わせてもらいました。
DVDはプレゼント用で、Blu-rayは自分用です。
時間があれば今日、観たい所です。
▼商品のリンクを貼っておきます。

タグ:アニメ

『繰繰れ! コックリさん』 [アニメ]

3作品目の評価です。

『繰繰れ! コックリさん』(2014年10月より12月まで放送、全12話)
評価:★★★★☆(★4)

原作は漫画。『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス)で連載。

自称「人形」の電波少女市松こひなが、狐の物の怪コックリさんを呼び出して巻き起こる珍騒動。
コメディ作品です。

作画、テンポも良く、キャラクターの性格、行動理由がしっかしていて、声優陣も上手く、安心して観る事ができる。
やや声優・アニメファン向けな味付け。アニメっぽいノリが苦手な人には向かないかも。
個人的には、ヒロインこひなの「カプメン」など喋り方、性格付けが好きです。

シリーズ中盤から世界観が広がり、新キャラクターも入り乱れてのドタバタ。これはいいのだが、後半から主人公が誰なのかが曖昧になっていく様に感じられるのが個人的にちょっと残念。

ですが、全体的にはバランスが良く、良作の部類に入ります。


評価に気をつかってはいませんが、監督、キャラクターデザインとも知り合いです。

タグ:アニメ 感想

『のんのんびより』 [アニメ]

2作品目の評価です。

『のんのんびより』(2013年10月より同年12月まで放送、全12話)
評価:★★★★☆(★4)

原作は漫画(月刊コミックアライブ)連載。
とある田舎の学校「旭丘分校」(全校生徒5人)に通う生徒たちの日常をコメディタッチで描かれていて、基本的に一話完結。
それぞれのキャラクターの個性もしっかりしていて、田舎の描写も変に主張しすぎる事もなく、作画も一定のレベルを保ち、全体的に好感が持て、安心して観る事ができる作品。
個人的には、四話「夏休みがはじまった」(脚本:吉田玲子)は、強く印象に残りました。
百合ネタが少し鼻についてしまうが、ほのぼのしたい時(実はテンポも良い)には、お勧めの作品です。

なお、13話はテレビ放送されていません。

追記


タグ:仕事 アニメ

『失われた未来を求めて』 [アニメ]

HDに撮りためたアニメ作品を5段階評価するマイカテゴリーを追加しました。
放送時期などはバラバラです。全ての作品を評価するつもりはありません。

アニメ制作している側の立場で作品を評価するのは、何かと各方面に影響があると思うのですが、趣旨としては自分が何をもって作品の善し悪しの判断をしているのか知る為にしばらく評価を蓄積していこうと思います。
また、自分も評価される側だという事も承知しています。


『失われた未来を求めて』(2014年10月より12月まで放送、全12話)
評価:★☆☆☆☆(★1)

18禁美少女恋愛アドベンチャーゲームのTVアニメ化作品。

視聴するのが、辛かった。何度観ずに消そうと思った事か・・・
脚本やストーリー構成に問題が多く見受けられる。語りたい事は概ね理解できるのですが、それはないだろうと思ってしまう展開や見せ方が多い印象。
タイムパラドックスや量子論の表現、説明も強引で不自然さが感じられ、全てがウソっぽく感じてしまう。
もっと良い見せ方、表現があったはず。
残念ながら自分の感性には合いませんでした。

(作品のファンの方を否定すものではなく個人的な評価です)
タグ:アニメ 感想
アニメ ブログトップ