So-net無料ブログ作成

【CE-35694-7】というエラーが出ました。 [ゲーム]

プレイステーション4VR専用ソフト『Farpoint(ファーポイント)』を始めました。パッケージ版です。実は、インストール時【CE-35694-7】というエラーが出ました。これはハードディスクの容量不足によるインストールエラーの様です。PlayStationサポートにこのコードの説明はありませんでした。今回はそれに関するお話しです。

パケージ版とダウンロード版という物が存在しますが、「パッケージ版とDL版とどっちを購入する ?」という2択質問がネット上で見ます。ディスク版とダウンロード版の違いをPlayStationサポートで調べてみると↓

■ ディスク版
PS4本体にディスクを挿入して、アプリケーションのインストールが必要です。
PS4 本体に登録してあるユーザーは誰でも遊ぶことができます。

■ ダウンロード版
PlayStation Store でのゲームタイトルの購入やプロダクトコード入力によるゲームタイトルの権利取得後、アプリケーションのインストールが必要です。
ゲームタイトルを購入、プロダクトコードを入力したアカウントが遊ぶ権利を所有しています。

●ディスク版からダウンロード版への切り替え、ダウンロード版からディスク版への切り替えのどちらの場合でも、インストール済のアプリケーションの削除が必要です。

※ セーブデータは引き続きご利用できます。
※ ゲームのアップデートデータとダウンロードした追加コンテンツも削除されますので、アップデートデータや追加コンテンツの再インストールが必要になります。)

不正確な部分があったらご指摘下さい。(どちらもネット接続出来る前提です)
ディスク版とダウンロード版どちらもアプリケーションのインストールが必要なので、インストールしてしまえばディスク版は起動キーになります。随時ディスクから読み込んでいると勘違いされている方も多い様ですが、読み込みに関しては同じです。読み込みの違いで、マッチングプレイに影響したらマズイですし、じゃあHDDからSSDに交換した場合どうなの?って疑問もあるかも知れませんが、ソフト側でマッチングルームを作って調整するので、どちらも読み込みに関する速度的な違いはありません。違いがあるとするとオープンワールド系RPGなどのシングルプレイでしょうか?たとえばFF15とかね。

パッケージ版のメリットは何かと考えると、パッケージが物理的に存在している安心感、所有感、プレミアムエディションなどのコレクター感、取説がある、中古で売る、値下がり最安値で買う、友達に貸すといった所でしょうか。ダウンロード版のデメリットになる部分です。取説に関しては販売元の判断なので、最近は、ウエブ上で取説を表示して、ブックレットは無くなりつつあります(特に洋ゲーはほとんど無い[わーい(嬉しい顔)]
以上を踏まえてどちらを選ぶのかは、好みやプレイ環境で決めていいのでしょう。
バッサリ切りますが、「パケージ版とダウンロード版の優劣は無い!!お好みだ!好きな方買え」です。携帯ゲーム機は本体のメモリー容量とSDカードメモリーの容量のバランスでどちらを選ぶかになると思います。任天堂スイッチのゼルダをやるなら大容量のSDカード必須うですね。(旧型の使い回しでは無く、対応している最新のハイスピードメモリー買うと幸せになれます♪)

本題に戻りますが、PlayStation4proを待たずにPlayStation4のハードディスク交換をする事になりそうです。
やはり、グランツーリスモsportsベータ版の50GB近い容量のデカさに耐えられませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]製品版はそれ以上でしょう。
PS4は随時プレイ状況を録画していて、設定によって最大60分録画出来る様になり、HDD500GBだと自分の環境ではゲームアプリを10本も入らない状態で、アプリを消す事になりました。
なお、『Farpoint(ファーポイント)』の実況動画は作ってもダイジェスト版になると思います。
タグ:ゲーム
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

『Thrustmaster T300RS GT Edition』開封動画! [ゲーム]

PlayStation4で10月19日発売される『グランツーリスモsports』をプレイする為に予約していたハンドルコントローラー『Thrustmaster T300RS GT Edition』が先日配送されて到着したので、開封動画を制作してみました。まだまだ説明がヘタなので字幕で誤魔化しましたm(_ _)m

肝心のハンドルコントローラーを設置するスタンドは11月10日に到着予定で、完全にプレイできる環境にするにはもう少しかかりそうです。ちなみに購入するスタンドは『GRAPHT 武者震REVOLUTION RED【SWITCH LIFE限定カラー】』です。『Thrustmaster T300RS GT Edition』に対応しているので初めて購入する自分には丁度良かったかも知れません。到着が待ち遠しいです。

▼『Thrustmaster T300RS GT Edition』開封動画は下記のリンクから
https://youtu.be/DsQD3fZTz_Q

現在、リンクからしかアクセスできない限定公開中です。
タグ:ゲーム
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:動画

動画をアップしてみました! [ゲーム]

動画はPlayStation 4『グランツーリスモsports』発売直前、10月9~12日の期間限定デモベータ版です。ゲーム自体は良く作り込まれていると感じました。ハンドルコントローラーがまだ無いので、コントローラーのジャイロ機能を使ったステアリング操作でプレイしています。意外と操作し易い!
プレイデータは製品へ引き継ぎができます。発売は10月19日。
▼初動画投稿を下記のURLで限定公開しています。
https://youtu.be/SgkK1AAt6AQ

追加『フォトモードをいじってみた。』
https://youtu.be/sGRKMapgYjI

追加『上級者モードでダート走行!』
https://youtu.be/SflUAa578Vg

PS4ではシェア動画の画質の設定が出来ないので、これが限界。
出だしは編集など色々と覚えて慣れて行かなければならないので、しばらくはこんな感じで公開して行きます。ある程度スキルアップしたらキャプチャーボードも考えないとね。機材は少しづつ揃えて行くつもりです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:動画

HDMI切替器検証 [ゲーム]

「新型PlayStation VR登場」の記事内で書いたHDMI切替器について検証したので、報告します。

目的は、PlayStation VR(初期型)のプロセッサーユニットは、HDR映像のパススルーに非対応で、せっかく4KHDRテレビに繋いでいるのでHDRで視聴出来る様にしたい。

対処方法は、可逆性のあるHDMI切替器を使いPS4とVRプロセッサーを切り替える事で、1つの4KHDRテレビの外部端子2個を使い使い分ける。

結果、PS4ルートでHDRは認識。PlayStation VRルートでは、HDR非対応という事で成功。だったのですが、確認の為、PlayStation VRを起動させゲーム本編画面に切り替わった以降、ノイズ発生。
短い線の様なノイズがランダムで現れていて黒い画面だとかなり目立ちます。これで長時間プレイは無理だと思いました。VR用のソフトを変えても同じ、ゲーム画面に入らなければノイズは無しです。切替器の故障でもない様です。
使用した切替器は「Blupow:4Kx2K HDMI切替器」機器の相性や個体差、配線の品質などとの組み合わせもあり、上手く繋がっている人もいるみたいなので、全く否定はしませんが、自分の環境では使えませんでした。
PlayStation VRのアップデートが来てその影響とも思ったのですが、通常の繋ぎ方をしたらノイズは無くなりました。という事で、PS4 Proを購入した場合、PS4は初期型PlayStation のVR専用接続になりそうです。新型のPlayStation VRプロセッサーユニットはHDR映像信号のパススルー対応なので、もし別売りされるなら欲しいですけど、多分、無いでしょう。保証期間内であれば交換してくれるとうれしいんですけどね~。

報告おわりです!
▼今回、使用した製品のリンク貼っておきます。


タグ:HDMI切替器
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

新型PlayStation VR登場 [ゲーム]

2017年10月2日ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、PS VRの新モデルとなるCUH-ZVR2を発表し、10月14日より発売。PlayStation 4 Pro ジェットブラック 1TBモデルの型番を「CUH-7000BB01」から、新しい「CUH-7100BB01」へと変更。同10月3日PlayStation 4のシステムソフトウェアバージョン5.00NOBUNAGA(ノブナガ)を提供。
また、「PlayStation Move モーションコントローラー」についてもその性能を一部見直し、接続端子をUSB(Micro B)に変更したPS4専用モデルとして順次発売を予定しているとの事です。

まず、PlayStation 4 Pro新型番への変更ですが、性能面の変更は無し。
部品の一部変更の為の様です。ソニーのサイトで購入すれば最新の型番での販売のみになります。また、「MONSTER HUNTER:WORLD LIOLAEUS EDITION」は新型番となります。

システムソフトウェア新バージョン(ノブナガ)ですが、大きくはPlayStation VRにヘッドホンを接続して使う場合、Blu-ray DiscやDVDコンテンツを5.1および7.1バーチャルサラウンドで楽しめるようになりました。他にも変更点があるので各自チェックしてみて下さい。

最後に10月14日より発売される新型PlayStation VRですが、主に配線ケーブルを一つにまとめたりして取り回しをし易くなりました。そして大きく変化したのが新しいプロセッサーユニット。
やや小型化され「HDR映像のパススルーに対応」これがデカイ。

実はPS VR登場当時から、問題点として指摘されていた部分がパススルーに非対応。端的に言うと、PlayStation VRは4Kテレビモニターに HDR出力が出来ない、それはパススルーに非対応だから。
4K HDR出力するにはPlayStation 4を直接4K HDR端子に繋ぎかえなければけないという事。
PlayStation 4 Proで4KHDR表示でゲームをやっていて、PSVRゲームをする時に端子をいちいち繋ぎ変えるなんて面倒でいやですよね。

繋ぐイメージとしては、4KテレビとPSVR(PlayStation 4と接続済み)の間にVR用のプロセッサーユニットを中継する形になります。今回の新型のプロセッサーユニットはパススルーに対応したので、そういった面倒な事にならなくなりました。まぁ、自分の持っているPSVRは当然、初期仕様なんですけど、これから手に入れる方には朗報なんじゃないでしょうか。

PlayStation 4がProではない方は、4Kx2K HDMI切替器を使えば問題解決できるかも知れません。
自分も実は初めてこの事を知りました。わかっている方は、何をいまさらって感じだと思いますが、「BLUPOW 4Kx2K HDMI切替器 2入力1出力 1入力2出力 HDMIセレクター」を試してみたいと思います。※10.2Gbpsまでの伝送にしか対応していないのでPlayStation 4Proでは使えません。HDR対応テレビの接続許容帯域を10.2Gbpsに制限する設定(標準)にしておけば使用可能ですが1080pのHDRとなり、4Kフルスペックにはならない様です。
今の所、4K出力できるPlayStation 4Proは所有していないので未検証。製品が改良されている可能性もあり、検証が出来る状態になれば確認してみます

4KHDRテレビモニターを持っていて初期型PSVRを所有し、PlayStation 4と Proを持っている方は使い分けてもいいと思います。
やっぱり今さら感満載でしょうかね。
タグ:PlayStation VR
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

VR シューティングコントローラー [ゲーム]

やっとSONYの公式HPで「PlayStation VR シューティングコントローラー」が再販されました。
「ブラボーチーム」の年内発売のアナウンスがあり、このゲームはVR シューティングコントローラー専用(だったと思う)なので、再販するだろうと最近頻繁に確認していたらやっぱりね!の再販。
待ちに待って、今日やっと予約購入できたのですが、システムメンテナンスの為なのか、何かの障害なのか会員向けのMy Sonyページに繋がりにくい状態でした、今は何ともない様です。
焦って買わなくても良かったのかもね。
このVR シューティングコントローラーの販売が年内発売予定となっている「ブラボーチーム」のソフトの売上本数を左右してしまうと思うので、かなり数は多く出してくれていると思われます。
今回、手に入らなくても「入荷待ち」であれば次の出荷も必ずありますので待ちましょう!ソフトの発売は12月らしいという情報もあるので、まだ入手のチャンスはあります。

このコントローラーは供給量が少なく、ネットでは高額で取り引きされていて、そんな値段では買いたくなかったので、数が出て定価に落ち着いて欲しいですね。自分は「ブラボーチーム」待ちなのですが、発売日が公式発表されていない様です。ゲームの出来はどうなっているのかわかりませんが、楽しみに発表を待ちます。
発売が遅れるなら、同じシューティングコントローラー対応の「Farpoint」を買うのもいいかも。
でも、今月発売されるグランツーリスモsportsに結構出費してしまったので、我慢が必要だろうなぁ。
(;´Д`)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

Xbox One X日本発売決定! [ゲーム]

今日から3日間『東京ゲームショウ2017』開催です。
今日はビジネスデーなので関係者のみ、明日より一般来場できます。

今日、まさかのサプライズ発表がMicrosoftよりありました。
「Xbox One X」を11月7日に日本国内発売決定。時差の関係で日本発売が世界最速発売。Microsoftの公式発表では日本発売なしだったのですが、どういう事。PS4pro購入考えていたのに「まった!」がかかりました。PS4proを遥かに越える高性能、 嬉しい誤算ですが予約も開始され悩ましいです。

発売日に「Forza 7」がXbox One X用にアップデートされるみたいです。もう発売されているソフトなので、ロンチのソフトはあるのでしょうか?
しばらくは発売されたソフトをアップデートて対応する様な事も言っている様です。
コンシューマでのeスポーツ展開も考慮しているみたいです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

『2017 PlayStation Press Conference in Japan』まとめ [ゲーム]

『2017 PlayStation Press Conference in Japan』
YouTubeライブ配信での発表をまとめました。

【発表ラインナップ】
・『コール オブ デューティ ワールドウォーII』(2017年11月3日発売)
・『地球防衛軍5』(2017年12月7日発売)
・『Red Dead Redemption 2』(2018年春)
・『真・三國無双8』(2018年初頭)
・『マインクラフト ストーリーモード・シーズン2』(2017年10月配信)
・『DISSIDIA FINAL FANTASY NT』(2018年1月11日発売)
・『ワンダと巨像』(2018年内)
・『ドラゴンズクラウン・プロ』(2018年1月25日)
・『FINAL FANTASY IX』(2017年9月19日配信)
・『Code:Realize ~白銀の奇跡~』他、オトメイト関連作品
・『アイドルマスターステラステージ』(2017年12月21日発売)
・『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』(2018年)

【PlayStationVRゲーム】
・『V!勇者のくせになまいきだR』(2017年10月14日発売)
・『サマーレッスン:新城ちさと 七曜のエチュード』(2017年10月12日発売)
・『クーロンズゲートVR 朱雀』(2017年内)
・『ARK Park』(2017年内)
・『GUNGRAVE VR』(2017年内)
・『A列車で行こうExp.(エクスクレス)』(2017年12月21日発売)
・『ZONE OF THE ENDERS : M∀RSPS 』VR対応(2018年春)
・『ねこあつめVR』(2018年)

【完全新作】
・『北斗が如く』(2018年2月22日発売)
・『十三機兵防衛圏』(2018年内)
・『Detroit Become Human』(2018年前半)
・『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』(2018年2月15日発売)
・『LEFT ALIVE』(2018年内)
・『MONSTER HUNTER:WORLD』(2018年1月26日発売)
他にPSVR用の新コンテンツなど発表、プレイステーション・プラス会員向けの期間限定体験版3作品の発表がありました。

お目当てのゲームはありましたか?
今回の目玉作品、個人的には『MONSTER HUNTER:WORLD』でした!!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

モンスターハンター・ワールド発売決定 [ゲーム]

先ほど『2017 PlayStation Press Conference in Japan』が終了。
まずはホットなうちに一報です。
『モンスターハンター・ワールド』2018年1月26日発売決定。
明日、2017年9月20日正午以降予約開始。デジタル版、パッケージ版2種類、パッケージ版には通常版、コレクターズエディション版あり。合わせてSONYのサイトでプレイステーション4pro「リオレウスエディション」予約開始。ゲームのダウンロードコード同梱版もあるみたいです。(このタイミングで4pro新エディション投入か!)
『モンスターハンター・ワールド』パッケージモンスター「ネルギガンテ」公開となりました。

カンファレンスで紹介されたゲームなどは追ってまとめたいと思います。
プレイステーションVR 新価格:44.980円!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

最近購入したPS4 VRゲームなど [ゲーム]

「TOKYO GAME SHOW 2017セール」と題して2017年9月7日(木) ~ 9月27日(水)まで期間限定価格でPS Storeでゲームをダウンロード購入できます。
という事でPS・VRを購入した事もあり、「Rez Infinite」「Until Dawn:Rush of Blood」を購入してプレイしてます。

Rez Infinite_20170910204240.jpg
Rez Infinite_20170910204212.jpg
「Rez Infinite」はジャンルとしてはシューティングで、それに映像と音楽を融合させた2016年に発売されたゲームです。『セガラリー』や『スペースチャンネル5』などのゲームを作った水口哲也さんプロデュース。今回、VR用に新しく追加された【Area X】が凄く良い感じでした。PC版では更に解像度が上がって凄いのでしょうね~。
一応、全ステージクリアして、実績解除が残っている所です。

Until Dawn_ Rush of Blood_20170918014129.jpg
Until Dawn_ Rush of Blood_20170918013344.jpg
「Until Dawn:Rush of Blood」は、2015年8月に発売されたPlayStation 4用ホラーアドベンチャーゲーム「Until Dawn(アンティル・ドーン 惨劇の山荘)」を題材にしたPSVR用のシューティングホラーゲームです。18歳以上対象(CERO「Z」)で、クレジットカードのみでしか購入できませんでした。
「Until Dawn」は未プレイ。PVは観ました。伊集院光さんによると、日本の表現規制に一石を投じた作品だった様で、内容が気になる方はYouTubeで検索してみて下さい。
ゲーム自体、結構難しいかも。プレイステーションムーブを2個をシューティングコントローラーとして使用出来るのですが、無理やり感がありますね~。慣れが必要かも知れません。
たまに銃を持っている腕の位置がズレるので、スタート画面に戻って位置を再設定し直します。腕を前に出したままなので、後半は腕が疲れて長時間のプレイは無理です。条件をクリアしないと先に進めない為、サクサク進む感じでは無いです。難易度はノーマルだと思います。こちらのゲームは現在進行中。

12月14日に発売される『バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション グロテスクバージョン』は購入予定です。説明が難しいのですが、別にグロを期待している訳ではなく、なるべく規制が最小限にコントロールされた物でプレイしたいなぁと思っただけでして。
海外版が表現をコントロールされていないと思っている訳ではないのですが、グロ・ゴア表現を期待している人は日本の規制が入らない海外版を購入した方が正解だと思います。

過去、私も海外版(アジア・Xbox 360版)『DeadSpace』を購入した事がありましたが、グロ・ゴア表現期待というよりも、日本での発売が無いからという理由でした。全て英語でしたが、最近の海外版は日本語にローカライズされている物もあるらしいです。
『DeadSpace』はゲームとしては恐怖感MAXといった感じで大変面白かった。Xbox 360が修理不可能状態でプレイ出来ないのがとても残念。確かXbox Oneでは動くはずですがハード未購入。アジア・PS3版を買い直そうかな~。

なお、『バイオハザード7 レジデント イービルゴールド エディション』は、全ての別売りダウンロードコンテンツ、さらに物語のエピローグともいえる新DLCを収録しているとの事です。

話題が変わりまして、以前紹介した「初音ミク Project DIVA Future Tone」は、やっとノーマルモードをクリアしてハードモードを時間がある時にチクチクとプレイ中。実績も早いうちに100%クリアして、アイテムもコスチュームも全て手に入れたので、プレイ後に貯まるポイントがどんどんと溜まってます。まだカンストはしていませんが、次に引き継ぎ出来るのでしょうか?
「NieR:Automata」の全てのエンディングクリアはまだ出来ず、宿題は残ったまま。

GRAVITY DAZE 2_20170601050745.jpg
GRAVITY DAZE 2_20170716155153.jpg
「GRAVITY DAZE 2」にも手を出してしまっていて、こちらはストーリーモードをクリア出来ていません(;´Д`)
サブクエスト面白すぎてストーリーが進まないっていう『ウイッチャー3』と同じ現象が起きてます。「DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION」に至っては買ってパッケージすら開けていないという状態orz
来月から毎月新作購入ラッシュになりそうなので、どうにかしたい所です。因みに10月『クランツーリスモsports』11月『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』12月『バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション』購入予定。来年、発売日未定ですが『モンスターハンター・ワールド』『エースコンバット7』は購入するでしょう。2018年は気になるゲームの発売予定が多いので、大作ラッシュになる事は確実でしょうね。

最近、日本一ソフトウエアが発売したPS4版『深夜廻(しんよまわり)』が気になってます。
気になる方はYouTube【2BRO】兄者・弟者・おついちさんがゲーム実況上げているので検索してみて下さい。

なお、今日9月19日16時より東京ゲームショウ2017に先だち『2017 PlayStation Press Conference in Japan』がYouTubeでライブ配信されます。気になりますね。
タグ:ゲーム VR PS4
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム