So-net無料ブログ作成

ノイズキャンセリングの性能 [日記]

ソニー製ワイヤレスノイズキャンセリングイヤーレシーバー(MDR-EX31BN)は以前ご紹介しましたが、あまり町中で使う事が無く、ノイズキャンセリングの性能がつかめなかったのですが、車検時にバス移動やら荻窪駅前でも使い、その性能がわかったので報告致します。
MDR-EX31BN_1.jpgMDR-EX31BN_2.jpg
ノイズキャンセリング性能が高いです。やはりソニーだけの事はありました。
バス停でバスを待っていて、主婦らしい二人が自分の1メートルほど先かな、手が届く位の距離で会話しているのですが、会話が全くわかりませんでした、これには驚きました。

正確に言うと無音にはなりません。会話らしい音は小さく聞こえるのですが、言葉の内容は全く判りませんでした。高音はほとんど聞こえません、また低音は聞こえますが抑制された感じで聞こえます。特にトラックやバスなどの走行音などです。音楽は一時停止した状態。

音楽を流せば周りの音が更に気にならなくなります。ウオーキング時に使うと、左車線後方から来る車の音は気が付かないので狭い路地では注意が必要です。何度かビビらされました|д゚)
じつはワイヤレスノイズキャンセリングイヤーレシーバーは電源を入れても音楽を流さなければ、高機能の耳栓替わりにもなり、そういう使い方をしている人も多いみたいです。(新幹線の中とか飛行機の中とか)
周りの音をスキャンするボタンがあり、ボタンをスライドさせると3秒ほどで周りの雑音を解析してノイズキャンセリングモードを自動調整してくれる機能もあります。

充電式なので、長期間使用すると蓄電能力が落ちます。ワイヤレスで使用しないとノイズキャンセリング機能は使えませんが、手頃な価格でここまでの性能なら上出来でしょう。
ちなみに、今の所蓄電能力の落ちは感じられません(新品で約12時間の連続使用の性能)

▼今回紹介した製品のリンクを貼っておきます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0